2012年 8月

カフェ・ド・セラ ミニライブ

2012827()

カフェ・ド・セラ 群馬県太田市東本町27-6
open 19:00 start 20:30
2,000円(1ドリンクつき)
お食事(アラカルト)、追加ドリンク別途
お食事ラストオーダー 19:45

東武伊勢崎線太田駅北口より徒歩2分

出演
月本一史(ポルトガルギター)
小川皓史(ギター)
ゲスト:清水理恵(ファディスタ)

ご予約・お問い合わせは 0276-22-6890 (カフェ・ド・セラ)まで

主催:COC

2012年 7月

M.T.E.Cサロンコンサート vol.1

2012年7月22日(日)

15:00開場
15:30開演(17:00閉演予定)
ワイン付き2,000円
予約優先

共演
田中智子(ファディスタ)

月本一史(ポルトガルギター)
小川皓史(ギター)

ご予約・お問い合わせは
ticket@mtec-pt.biz
050-1387-6850(留守電・FAX)
メールフォーム(http://mtec-pt.biz/form/salon.html)まで。

Introdução はじめまして

皆さま、はじめまして。

ファディスタの清水理恵と申します。このたび、ホームページの開設に伴い、コラムを連載させていただくこととなりました。ここでは、ポルトガルの知られざる魅力やちょっとしたエピソードなどを、“私風”に綴ってまいりたいと思います。  

ポルトガルの民族歌謡、ファドには、例えば「アルファマ(街の名前)」、「アズレージョ(ポルトガル名産の青いタイルの工芸品)」などといった言葉が歌われ、また、「海」にまつわることをテーマとした曲などが数多く存在しています。

これらはもちろん、まぎれもなく「ポルトガルの」ものであり、ファドを特徴づける「ポルトガル的」一要素ではあるのですが、さらにその深部を探ると、他文化と交わる実にダイナミックで新鮮なポルトガルの歴史的・文化的・社会的側面が見えてきます。

私は、こうしてファディスタとなる以前、ポルトガル語とその文化を勉強する傍ら、とりわけ中東・イスラーム圏に関してたいへんに興味を持ち、微々たる程度のものではありますが、自分なりの視角からそれら双方の世界を見つめてまいりました。

なぜに中東・・・?というお声が聞こえてきそうですが、時の運、関心のまま風まかせに迷走奔走し学んだ結果、実は両者は今も昔も深くつながっていることを知り、私が歌うファドという音楽の中にもその関連性が確かに感じ取れることに興奮を覚えました。

皆さまがファドをお聴きになる際、また、ファドを通じてポルトガルという国にご興味を抱かれた際に、正統なガイドブックに加えて、“ちょっと意外”で“面白い”ポルトガルの顔をご紹介するこのコラムが、ささやかな一興となりますように。

時に私のポルトガル珍道中話なども織り交ぜながら、これから様々なテーマに触れてまいりたいと思います。皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。ぜひ、次回をお楽しみに!